瀬戸内海地域全体のさらなる振興と発展を!!

海の路
  • CONTENTS
  • 瀬戸内海で遊ぶ!
  • 瀬戸内海で食べる!
  • 瀬戸内海を知る!
  • 官民連携 海ネットサポーターについて
  • マリーナ・ビジターバース
  • 協議会について
  • LINK
  • SETOUCHI TRIENNALE 2013
  • みなとナビ せとうち
  • 瀬戸内クルージングポータルサイト
  • 瀬戸内沿岸潮位情報
  • みなとオアシス
  • 瀬戸内海の環境データベース
  • 各地の観光情報
  • あなたの町の ハザードマップ
  • 中国地方のクルーズ 中国地方クルーズ振興協議会

HOME > 事務局だより

事務局だより

全124件
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次の10ページ
平成22年度担当者会の報告 2010-11-30 
平成22年11月24日、広島県呉市において担当者会を開催いたしましたので報告いたします。
「瀬戸内海の復権」意見交換会(香川県小豆島)を開催しました。 2010-10-09 
高度成長期以降、空路や新幹線・高速道路網などの高速交通体系のインフラ整備が進み、次第に海路の活用が見過ごされるようになる一方で、豊かな暮らしの実現や環境負荷の低減、大規模災害時の交通の確保など様々な側面から海路の重要性、有益性が再認識されつつあります。
このような状況の中、「瀬戸内海の復権」を掲げ、これまで海を介して培われてきた歴史・自然・文化・産業など大切な宝物を次なる世代に引き継ぐとともに、瀬戸内海を活用した地域間交流施策や地域振興施策の推進を図ろうと、近畿地方、中四国、九州地方の瀬戸内海沿岸の19市、町の首長などが小豆島に集まり意見交換を行いました。
意見交換会で各自治体等から様々な意見や取り組み紹介が行われた後、最後に「航路維持という共通課題を持つ地方自治体が県の枠を超えて互いに連携し、航路の維持・創設に向けた国への働きかけをはじめ、瀬戸内海を巡るクルーズの誘致など海を生かした観光振興、高速通信網を活用した離島のハンディキャップ克服に向けた取り組み、瀬戸内海の環境保全に向けた里海の創生など、瀬戸内海の魅力を高め、島々を結ぶ取り組みによって、一つのエリアとしてより一層の振興を図る」とした共同宣言を採択しました。
リフレッシュ瀬戸内(小豆島町(全体拠点地))の報告 2010-09-09 
8月21日、22日に、全体拠点地である小豆島町オリーブビーチにて、リフレッシュ瀬戸内の清掃活動を実施しました。猛烈な暑さの中、2日間で約300人の方が多くのゴミを回収しました。2日目には、清掃活動の後、ビーチバレー大会が開催されたこともあり、岡山や兵庫、広島県などから、ビーチバレー大会に参加した方々も清掃活動に参加されました。
参加者からは、「予想以上に様々なゴミが落ちていて驚いた」「きれいな状態を保っていくため、活動を続けていきたい」「海の環境問題について考えるよい機会となった」等の声が寄せられ、リフレッシュ瀬戸内の活動の大切さが伝えられたのではないかと感じています。
中四国・瀬戸内クルージングサミット開催(香川県三豊市) 2010-08-27 
8月20日(金)、瀬戸内沿岸の公共マリーナを持つ広島県福山市、岡山県瀬戸内市、愛媛県新居浜市、香川県高松市、三豊市の5市長が集い「中四国・瀬戸内クルージングサミット」を三豊市仁尾マリーナで開催し、約150名が参加しました。
中四国・瀬戸内クルージングサミットは、瀬戸内海という「面」の海の振興を考えるとともに、海の玄関を開きたいとの思いを持つ、5市で発足したネットワークです。
 サミットに先立ち、香川県観光協会長の梅原利之氏が「21世紀は基礎自治体の時代。瀬戸内海から地方の元気を発信する。」と題し記念講演が行われました。また、サミットでは梅原会長をコーディネーターに、5市長による公開討論会を開催、各市長から地元の歴史や文化、産業などを紹介した後、意見を交換し、瀬戸内海を中心として5市のネットワークにより、海や島々の史跡や文化を生かしながら、更なる地域の活性化や発展に結び付けていくことを宣言しました。
 今後、サミットは年1回開催していく予定で、来年は愛媛県新居浜市で行われます。

広島湾クリーンアップ作戦(呉市大浦先海岸)を開催しました! 2010-07-27 
7月3日(日)に呉市大浦崎海浜にて行われた、広島湾クリーンアップ作戦「リフレッシュ瀬戸内」についてご報告いたします。
リフレッシュ瀬戸内(周防灘ブロック)の報告 2010-07-09 
7月4日(日)に周防灘ブロックの拠点地である山口県光市虹ヶ浜海岸、室積海岸にてリフレッシュ瀬戸内の清掃活動を行いました。当日は、総勢約8,000人の住民の方々がボランティアとして参加され、空き缶や砂浜への漂着物等のたくさんのゴミを回収しました。
リフレッシュ瀬戸内(広島ブロック拠点)の報告 2010-07-05 
7月4日(日)に広島ブロックの拠点地である広島市広島みなと公園にてリフレッシュ瀬戸内の清掃活動が行われました。当日は約200人の参加者による清掃活動により、約1.4トンのごみが回収されました。また、海上ではNPO法人瀬戸内里海振興会主催、アサヒビールさんの協賛により海底ゴミの回収作業が行われました。
平成22年度 リフレッシュ瀬戸内の実施について 2010-06-29 
「受け継ごう きれいで豊かな瀬戸の海」をキャッチフレーズに今年も瀬戸内海沿岸各地で「リフレッシュ瀬戸内」を実施します。詳細は添付ファイルをご覧ください。
6月18日:詳細情報を更新しました。
6月29日:詳細情報を更新しました。
リフレッシュ瀬戸内(岡山ブロック拠点)の報告 2010-06-24 
6月20日曇り空の中、岡山ブロックの拠点地である玉野市渋川海岸においてリフレッシュ瀬戸内を行いました。当日は午前9時から約1時間、約500人ものたくさんの参加者が、砂浜への漂着ごみなどを拾い集めていただきました。
平成22年度総会のご報告 2010-06-10 
「瀬戸内・海の路ネットワーク推進協議会」の通常総会が、平成22年5月28日愛媛県四国中央市ホテルグランフォーレにて会員11市町長を含む約100名もの参加により盛大に開催されました。
 第一部総会では上村愛媛県上島町長の議事進行により全7議案がすべて決議され、また第二部「第4回瀬戸内海首長サミット」では、「競争力のある地域を目指して〜産業振興、観光を活かした地域振興〜」に関する提言が決議されました。

ページトップへ戻る