瀬戸内海地域全体のさらなる振興と発展を!!

海の路
  • CONTENTS
  • 瀬戸内海で遊ぶ!
  • 瀬戸内海で食べる!
  • 瀬戸内海を知る!
  • 官民連携 海ネットサポーターについて
  • マリーナ・ビジターバース
  • 協議会について
  • LINK
  • SETOUCHI TRIENNALE 2013
  • みなとナビ せとうち
  • 瀬戸内クルージングポータルサイト
  • 瀬戸内沿岸潮位情報
  • みなとオアシス
  • 瀬戸内海の環境データベース
  • 各地の観光情報
  • あなたの町の ハザードマップ
  • 中国地方のクルーズ 中国地方クルーズ振興協議会

HOME > 瀬戸内海を知る! > 瀬戸内海の歴史 > 遺明船の派遣と日明貿易

瀬戸内海の歴史

遺明船の派遣と日明貿易

 室町幕府は応永8(1401)年から9年間で6回、永享4(1432)年から1世紀の間に11回の遣明船を派遣し、日明貿易を行った。
 「入明諸要例(応仁2(1468)年)」には500石から2,500石の船が門司、富田、上関、柳井、尾道、鞆、田島、因島、牛窓に配され、遣明船として用いられたとしるされている。
 この遣明船の事業は、室町幕府が主導し始めたものであるが、次第に細川氏と大内氏の競合となり、最後は大内氏の独占となった。しかし、この事業は一大名だけでなし得るものでなく、瀬戸内海沿岸各地の連携と協力のもとに行われていた。

遺明船の派遣と日明貿易

<<瀬戸内の航路整備と日宋貿易 西廻り航路の開発と北前船>>