瀬戸内海地域全体のさらなる振興と発展を!!

海の路
  • CONTENTS
  • 瀬戸内海で遊ぶ!
  • 瀬戸内海で食べる!
  • 瀬戸内海を知る!
  • 官民連携 海ネットサポーターについて
  • マリーナ・ビジターバース
  • 協議会について
  • LINK
  • SETOUCHI TRIENNALE 2013
  • みなとナビ せとうち
  • 瀬戸内クルージングポータルサイト
  • 瀬戸内沿岸潮位情報
  • みなとオアシス
  • 瀬戸内海の環境データベース
  • 各地の観光情報
  • あなたの町の ハザードマップ
  • 中国地方のクルーズ 中国地方クルーズ振興協議会

HOME > 瀬戸内海を知る! > 瀬戸内海の歴史 > 生業・生活に使われた小船の往来

瀬戸内海の歴史

生業・生活に使われた小船の往来

 瀬戸内海では、大規模な物流のほかに、様々な生業・生活に用いられた小船が行き交い、網の目のように細かな生活の航路があった。 一つは島々を渡す「渡海船」であり、人を運ぶだけでなく、島の人々に代わって買い物をしたり、贈り物や手紙を届けていた。戦時中の配給制により再編成され、多くが失われた。
もう一つは行商船であり、一般的な日用品や衣料品、農産物を船に積み込み行商を行うものや、今治市の桜井漆器や鳴戸堂浦の釣り針を売るテグス船など、特定の物品を売る行商もあった。堂浦漁民の技術と新しい道具(テグス)のミックスされた威力は瀬戸内漁民の目をみはらせた。

生業・生活に使われた小船の往来

<<多様な産業技術・文化の伝搬(関さば) 瀬戸内の航路整備と日宋貿易>>